b-mobileならSIMロック解除不可な状態のiPhoneをでも格安スマホとして使えます!

ついに、ようやく!という感じのサービスが2017年8月よりスタートです。

それは、ソフトバンク限定ではありますが、SIMロックがかかった状態のiPhoneがソフトバンク以外のSIMカード、つまり、格安SIMでも通常通り利用が可能になる!というサービスです。

そのサービスを展開しているMVNOが【b-mobile(ビーモバイル)】です。

b-mobile S スマホ電話SIMでiPhoneが使える!

『b-mobile S スマホ電話SIM』というサービス(商品)名になります。

b-mobileはソフトバンク回線、ドコモ回線のMVNOであり、プリペイドSIMなども取り扱っていたり、若干複雑な印象もありますので、『S スマホ電話SIM』とおぼえておく、、必要はさすがにないかもしれませんが、b-mobile内をしっかりチェックしたほうが良さそうです。

とはいえ、8月16日にスタートしたばかりのb-mobileの革命的(といえば革命的)なサービスですので、デカデカとアピールもされているのでわかりやすいです(^o^)

S スマホ電話SIMの『S』の文字はソフトバンクを意味します、つまり、ソフトバンク回線網のMVNOであり、iPhoneそのものもソフトバンクから発売されたものに限定されます。

auやdocomoで契約したSIMロックのかかったiPhoneを握りしめてb-moboleのこのプランを使おうと思っても不可能ですのでご注意を。。

スマホ電話SIMの料金

スマホ電話SIMの料金プランは他社とはまったく違う形式となっています。

というかb-mobile内の他のプランの料金体系とも異なっています。。

2,450円~3,850円の間の月額料金がデータ使用量としてかかります。

1GBまでのデータ使用で済んだ場合が2,450円/月であり、2GBまでのデータ使用で済んだ場合は2,800円、、3GB、4GB、5GBと、あとは350円ステップで料金がアップしていきます。

最大月間5GBまでのデータ使用が可能なSIMカードとなっており、その場合の料金が3,850円、という計算になります。

スマホ電話SIMの通信規制は月間5GB以降

5GBまで到達した時点で月間利用料金は3,850円で、その後は料金は加算されることはありません。

ただし通信規制がかかりますので、速度が200kbpsとなります、他社とほぼ横並びの通信規制速度ではありますが、5GBじゃ足りない!という人はちょっとピンチかも…!?

スマホ電話SIMの初期費用など

SIMカードと初期手数料など込みでパッケージ代金として3,000円(税別)が必要になります。

カケホ機能もある

5分以内の通話は何度でも無料という『b-mobile電話』というかけ放題オプションもあるのでここも安心ですね(^o^)

MNPももちろん可能

スマホ電話SIMにする場合、8月22日以降の契約ですとMNPにも対応しています。

利用可能なiPhoneは?

iPhone5以降の、つまり現行では7までのソフトバンクiPhoneがスマホ電話SIM(nano SIM)を挿して利用可能となっています。

iPhone4シリーズは利用不可ですのでご注意を!

スマホ電話SIMを契約するメリットのあるユーザー

ずばり、ソフトバンクでiPhoneを契約したものの、格安スマホに乗り換えたいユーザーだと思われます。

なおかつ、そのままソフトバンクで契約したiPhoneを使いたい、というユーザーにこそメリットが大きいのがb-mobileのスマホ電話SIMです(o・ω・o)

端末代がそのまま浮くという考え方もでき、しかもお気に入りのiPhoneの月額料金を大幅にさげる事も出来ますので、まだまだiPhone5やiPhone6をこのまま使いたいな~、というあなたにとってはb-mobileのスマホ電話SIMは朗報だと言えます、というか、今のところ(2017年8月現在)、ソフトバンクSIMロックのiPhoneが格安スマホとして使えるのは数あるMVNOの中でもb-mobileだけです。

【b-mobileのトップページ商品情報スマホ電話SIMで確認可能です】

b-mobile

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です