Y!mobileのモバイルルーターにDMMmobileのSIMカードを挿して使う方法もある

モバイルルーターの事に関しての記事。

モバイルルーターといえば、旧EMOBILEのY!mobileや、WiMAXなどが筆頭に来ると思われます。

MVNOという概念が浸透する以前は、たとえば、Y!mobileの製品を契約するには当然のようにY!mobileのショップに行くか、オンラインで契約をするといったものだったのですが、2015年以降、状況に変化が出てきました。

WiMAX系のルーターにはMVNOのSIMカードを挿すことで使える、という記事は書いた事がありますが、今回はY!mobileのルーターもMVNO出来るのか?という事です。

結論は、出来ます、出来るようになっています!

DMMmobileというMVNOサービスで、Y!mobile系のルーターがずいぶんと対応している現状があるのです。

DMMmobileでY!mobile(ワイモバイル)のルーターを使うにあたっての事

DMMmobileといえば、山Pこと山下智久さんがCM起用されている大手会社です。

DMMmobileのすごいところは、2015年現在で確認した事はデータ通信量のプランがきめ細やかであり、他社にはなかなかまだない大容量プランがある、ということです。

モバイルルーターにかぎらず、大容量のプランでMVNO化させたスマホを所有する事も当然可能です。

大容量、では具体的にどれくらいのデータ通信を行えるプランがあるのでしょうか?

DMMmobileのプラン

公式サイトに当然掲載されている事なのであまり事細かにここで書く必要もない事なのでだいぶ省きますが、僕が大容量だなぁと感じるのは二桁GBのものです。

2015年10月現在確認しましたところ、DMMmobileでは、10GB、15GB、20GBという二桁のプランが用意されています。

20という数字には驚きました…ついにここまで来たか!と、MVNOの進化を感じずにはいられませんでした。

念のためザックリ解説しますと、月間20GBまでデータを使用しても、月間規制はかけません、ということです。

2015年の現状でも、月間7GB程度前後のプランで利用している、という人が多いのではないかと思います。

そうなると、Wi-Fi通信を行わなかった場合には、数日で通信規制がかかってしまいますよね。。

しかし、20GBも用意されていればどうでしょうか、ひょっとしたら、ガンガン使っても規制にかからない!足りる!というユーザーも出てくるのではないでしょうか?

DMMモバイル

Y!mobileルーターにDMMmobileのSIMカードが対応している

2011年頃に、旧EMOBILEからGP01やGP02という3G回線を使用したモバイルルーターが登場しました。

その後にはEMOBILEからは、LTE搭載機種であるGL04Pや、GL06Pなどという端末が発売され、モバイルルーターでの高速通信が可能となってきました。

しかしLTEという事で、月間10GB程度で規制がかかる、などという状態になったのでした、10じゃなかったかもですが…(古い記憶なので割愛させていただきます…。)

とはいえ、

「イーモバ、実際は月間25GB使ってるのに規制来ないんだけど?」

などという意見もチラホラ目にしたものですが…。

2015年10月現在、Y!mobile公式を確認しましたが…モバイルルーター(LTE通信など)では、月間7GBの使用で128kbpsへの低速へと規制がかかるようです、厳密には7GBより多く使える場合が今でもあるものなのでしょうか、、どのみち、公式で7GBだ、と明言している限り、素直に月間7GBまでなのだなぁと認識しておくほうが賢明と言えそうです。

ちなみに個人的には、GP02というEMOBILE時代の名機(?)などと評判の高い端末を所有しています、今は眠らせておりますが…。

もし、僕が所有するGP02を眠りから起こせば、Y!mobileでの契約ですので4,500円程度月額料金がかかることになっています(これは人によって状況が異なると思います)。

4,500円程度の料金でDMMmobileのSIMカードを挿して使う場合、月間15GBまでは使えるようです。

DMMmobileの15GBのデータ通信SIMカードが月額4,570円です。

もし、月間で15GB程度しかモバイルルーターは使わない…という人がいるとすれば、どちらで契約しても同じくらいの維持費、という事になります。

DMMmobileのSIMカードを挿したほうが安く済むという場合も当然出てきます。

それは、15GBどころか、10GB、いや8GBくらいしかモバイルルーターでの通信はしないよ、というユーザーです。

Y!mobileでの直接契約の場合は、月間1GB利用だろうと15GB利用だろうと、定額制なので使った分だけ、というわけにはいきません。

ちなみにDMMmobileのデータ通信プランの、8GBプランのほうが2,140円、10GBのほうは2,190円です。

書けば書くほどややこしくなるばかりなのですが、DMMmobileのSIMカードをEMOBILE時代のLTE機種に差し込んで使う事には大きなメリットがありそうです。

現在Y!mobileではモバイルルーター部門でも3年間の使用で月額3,696円というプランがあるようです。

DMMmobileの15GBプランよりも1,000円ほどお安い事にはなりますが、なんといっても7GB規制です。

旧EMOBILE、Y!mobileでのモバイルルーターでの通信をガンガン行いたい!という人には、DMMmobileのSIMを利用すべきなのではないか?と思えてきます。

まぁ、総務省が現在、携帯料金引き下げに関する事案について検討会などをしているさなかですので、なんとも言い切り難い部分はあるのですが…。

Y!mobileのルーターに海外製のSIMではなく、国産のDMMmobileのSIMカードが対応しているという事実を知って、ちょっと関心したので記事を書いてみました(´・ω・`)

もし、GP01とGP02、そしてGL04PとGL06PなどのEMOBILE時代の端末を所有している、あるいは通販などで安く手に入れられそうだ!という人がいれば、参考にしてみるのも良さそうなのかな、とは思いました(WiMAXはどうしても使えない!という人など。。)

公式ページ⇒【DMM mobile】データSIMプラン業界最安

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です