docomo系MVNOの契約先として『GPHONE(ジーニーモバイル)』の選択でP8 liteなどのHUAWEI製スマホも買える!

大手3キャリアのスマホ、docomoとauとSoftBankですが、やはり圧倒的にdocomo回線は日本においてシェア率と認知度が高いようで、MVNOの通信に関してもdocomo系回線を利用したものが大変多くなってきております。

ちなみに、auはその点現状ではサッパリとしており、『mineo』さんと『UQ Mobile』さんの2社しか2016年3月現在には確認出来ておりません(わかりやすくて個人的にはありがたいです笑)。

docomo系MVNOの取り扱い会社の多いことから、少しでも安くスマホ(iPhone)を維持しようと思うと料金比較も大変な作業になりますね…夜中にそんなことをしだすと、朝になってしまいそうです(ヽ´ω`)

いつか本腰入れて徹底比較サイトもつくろうかな?などとも思うものの…それも気が重いです。

そもそもMVNOにする時点で現在の大手3キャリアよりも間違いなく安いのだから、あまりこだわらなくても良いだろう、ともどうしても思えてしまうのです。

ネット回線事業がやっているような高額のキャッシュバックキャンペーンなどもMVNOの世界ではあまり見当たりません、とはいえ、月額料金を最初の数ヶ月お安くする、だとか、ポイントでキャッシュバック、などというキャンペーンは結構あったりもします。

そういった意味では楽天モバイルが現在のdocomo系MVNOとしては超有力なのかな?という気も個人的にはしてしまいます。

楽天市場でのお買い物を日常的にする人は多いと思いますし、楽天Edyを使う人も多いとも思えますし、そういった楽天ユーザーの方が楽天モバイルにすることで、よりいっそうお得にさらなる楽天愛用者としての地位(?)を築けると思うのです。

ここまで前置きでして、この記事では『GPHONE』というサービスについて掘り下げてみます、ジーニーモバイルと呼ぶべきなのかもしれませんφ(..)

GPHONEはdocomo系MVNO

ジーフォン、でよいのでしょうか読み方、、まぁそれしかないでしょうねおそらく。

一般的には『ジーニーモバイル』としてMVNO格安SIMブランドとして成り立っているようです。

株式会社geaneemobileという企業の『GPHONE』というブランドでの格安SIMのサービスとなっています。

GPHONEで使えるスマホ

2016年3月現在確認しましたところ、docomoから発売されているスマホを筆頭に、海外メーカーの『ASUS(エイスース)』『geanee(ジニー)』『HUAWEI(ファーウェイ)』などといったものです、他に富士通や京セラの端末などもあります。

ちなみに3月現在爆笑問題カーボーイというラジオ番組で聴取者プレゼントとしてASUS製のスマホのプレゼントもしているようです。

個人的にイチオシはHUAWEIのP8 lite

HUAWEIのスマホは今っぽい感じがして個人的にデザイン、シルエットが大好きです。

他はちょっと、丸みを帯びていて…

まぁこれは好みの問題でしょうね(´・ω・`)

シンプルに、スタイリッシュに、なおかつ基本的な動作を卒なくこなせるスマホを所持するならHUAWEI!と僕は勝手に思っております…

☑GPHONEサイトですぐに上記3社の確認も出来ます

格安スマホ「G-Phone」

HUAWEI製のスマホのファンの人はかなり多いと思います(個人的に立ち上げている他ブログに、P8 liteという検索キーワードでのアクセスがかなりあります)。

「他社MVNOでP8 liteを買いそびれた!」

などという人にもGPHONEの登場は救世主的な場合もあるのかもしれません。

GPHONEの料金や通信量などスペック

GPHONEは一律で2GBのデータ通信量で、月額2,280円(税抜き)という一択となっております。

つまりdocomo系のスマホをすでに所有している方や、その他GPHONEでの動作対応端末をすでに所有している方や通販などで個別に購入する方などの場合は、申し込みし開通した日から月額2,280円でのスマホ維持の生活がスタートできる、というものです。

もちろん、スマホもセットで購入してGPHONEで契約することも可能です。

AUSU、GEANEE、HUAWEI製品のスマホをGPHONEのオンラインストアでは取り揃えておりますので、お好きなスマホをセット購入で契約する方法もあります。

この場合も大変わかりやすいもので、月額1,000円を端末代として上乗せしてお支払いするかたちになります。

24ヶ月で端末代の支払いは終了となります(24,000円均一スマホということになりますね)。

通販サイトなどで24,000円以下で該当スマホを購入可能な場合はそちらのほうが良いでしょうけど、おそらく3万円前後のものが多いと思われますので、セット購入での契約もお得になってくると思います。

「2GBで足りるのか??」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね(´・ω・`)

目安ですが、つい最近僕が試した結果、LINEの音声通話を3時間半程度行った際のデータ通信料は116MBでした(0.116GB)。

こんなことを20日間もすれば2GBに到達してしまいます、が、そんなに毎日長々LINEの音声通話をする人も稀だろうと思えます。。

そしてGPHONEは電話番号での通常の電話機能やSMS(ショートメール)などといった携帯電話のサービスも通常通り使えます。

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です