TONEモバイルから新機種のm17が発売されましたので、m15とのスペックの違いを比較!

m17

坂口健太郎さんでおなじみの、ツタヤの格安スマホ『TONE』から、ついに2017年の新機種『m17』が発売されました(^o^)

m14、m15ときて、なぜm16ではないのだ…?という個人的な疑問も湧いてきますがΣ(・∀・;)

とりあえず、m17です、スペック的にどのような進化を遂げているのか、かる~くまとめてみますφ(..)

m17はここが変わった!m15とのスペックの比較

m14はちょっと置いておくとして、m15とm17のザックリとした比較をしてみたいと思います。

寸法や見た目など外観について

m15の寸法:高さ:147.9mm 幅:74.5mm 厚さ:8.6mm

m17の寸法:高さ:144mm 幅:71mm 厚さ:8mm

さあ、どうでしょうか!ほぼ違いありませんねw

ちなみにスマホ重量は、約165gから約148gに軽量化されているようですが、ここもあまり大差ありませんよね~。

パッと見は、m17のほうが縦長画面になったような印象はあります!

縦長感=スタイリッシュ…?と感じるかどうかはあなた次第です(´・_・`)!

TONEの詳細はコチラ格安スマホ「TONE」

ディスプレイの比較

m15のディスプレイのスペック:720×1280ピクセル 5.5インチHD

m17のディスプレイのスペック:720×1280ピクセル 5インチHD

画素数そのままに、なんとm17は0.5インチ縮小した結果に!

その結果縦長効果が出て来ているのかもしれませんねー(´・_・`)

ま、5インチもあれば充分というか、あまり大きすぎてもどうかと思いますしね…

ちなみにiPhone6やiPhone7は4.7インチ、iPhone6 PlusやiPhone7 Plusは5.5インチですね、ご参考までに!

カメラ性能

m15のカメラ:背面1300万画素、前面500万画素、1080p動画撮影対応

m17のカメラ:背面1310万画素、前面500万画素、1080p動画撮影対応

大差ねえ~~!w

通常の利用としては、ほぼ充分な画素数と思えます。

OSの比較

TONEはAndroid端末なのですが、OSには変化があります。

m15のOSはAndroid5.1

m17のOSはAndroid7.1.1

となっております。

2016年秋か冬頃より、Android7.1.1にアップデート開始されているハズですので、最新のOSはということになります。

それが最初から入っているのがm17ということになりますので、最新のAndroid端末が格安で使える!と言えますね(^o^)

またCPUはどちらもクアッドコア(詳細は省略)、メモリも両者ともROM16GB、RAM2GBとなっておりますので、ヘビーユーザー向けとは言い難い部分はあります。

外部記憶領域、つまりSDカードでのデータ保存の容量について

ここがもっとも飛躍的に変化を遂げた!と言えそうな部分でした。

m15は32GBのmicroSDに対応、m17は256GBのmicroSDカードに対応…!

なぜこんな一気に増えたのでしょうかね!w

256GBもあれば、動画をたくさん撮ってもそこそこ保存できそうでありがたいですね(^o^)

32GBだと正直1年でパンパンになっちゃう時もありますしね( ;∀;)

m17の便利な機能面もピックアップ

だいぶ長くなってまいりましたが、ここからも超重要事項が!

m17に備わっている嬉しい機能面についてふれてみますφ(..)

おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています!

おサイフケータイが使えます、これは大きい!と言えますね(^o^)

使わない人はまったく使わないおサイフケータイ機能ですが、使う人にとっては大切です。

シンプルな機能を持つ事の多い格安スマホ端末では、おサイフケータイが削ぎ落とされてしまうケースも少なくありませんしね(´・_・`)

ワンセグに対応しました!

m17ではついに、ワンセグ放送の受信にも対応!

これで、m15が29,800円だったのに対し、m17では34,800円、となっていることにも納得出来たりはしませんか!?

ワンセグはデータも食いませんし、外出時にはありがたい存在と思えます。

防水・防塵スマホになった!

m15までは防水機能はなかったのですが、m17ではついに防水防塵への配慮もなされました(^o^)

これでうっかり濡らしちゃっても故障しませんので、安心度がかなり高まりますね♪

m17の価格

34,800円(税抜き)となっております。

m15の端末代金は29,800円だったと記憶しておりますので、ちょっとお値段上がっちゃいました( ;∀;)

29,800円(税抜き)となっております!(2018年3月現在確認)

その変わり(!?)、複数台契約の場合はもう一個のほうのTONEスマホの6ヶ月分の基本使用料を無料にする、などのサービスも展開しているようです(受付は2017年10月1日まで)。

格安スマホ『TONE MOBILE(トーンモバイル)』のメリットや取り扱い端末について
MVNOでの格安スマホと言えば、なかなか実店舗を持たない(近所にはない)というリアルとはかけ離れた状態でサービスを提供している、というイメージもあるかもしれません。そのような場合、ネットに不慣れだったりする高齢者の方などにとっては、やや...

m15が大幅値引き!

新しい後継機種が出れば、一個前のは大幅に値引きすることは家電製品などでもよくあることですが…

TONEモバイルでも同様に、m15が29,800円から19,800円に大幅に値引きしています!

1万円も下げるとは…

ただし、新規契約の方のみ対象となっていますので、とにかく格安スマホを使ってみたい!という方にとっては大チャンスと言えそうです。

m17も大幅値引き開始!(2018年3月追記)

一括34,800円で販売開始されていたm17でしたが、5,000円引きの29,800円となっております!

これに伴い、分割払いの支払額も変更になっており、

1,450円/月×24ヶ月だったのが、1,242円/月×24ヶ月

となりました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました