SIMフリースマホのNuAns NEO [Reloaded](ニュアンスネオリローデッド)を格安SIMで使う!

数あるMVNO各社、そして、数あるスマホ端末本体なのですが、そんな中でもかなりユーザーの少ないと思われるスマホの事も書きたくなりました。

Trinityという企業で製造されている『NuAns NEO [Reloaded]』(読み方はニュアンスネオリローデッドです)というスマホ、これはSIMフリースマホです。

つまり、au回線だろうとdocomo回線だろうと、いずれの格安SIMでもロック解除なしに使えますので、格安スマホとしての候補に挙げている人も多いと思います。

NuAns NEOというブランドのSIMフリースマホ

早速また紛らわしいのですが、NuAns NEO(ニュアンスネオ)というSIMフリースマホがまずあります。

リローデッド、とはつかないバージョンです、この名称のスマホはOSが『Windows10』なのです!

スマホ文化が普及してからずーっとWindow Phoneというものがありました(VAIOスマホが代表例ですね)。

そんなWindowも10までになっており、それがスマホにも落とし込まれた、といったところだと思います。

そんなわけで、NuAns NEO=Window10、んで、NuAns NEO [Reloaded]、と、リローデッドと付く名称のこちらはOSがAndroidです。

日本国内ではスマホ=圧倒的にiPhoneとAndroidの二台巨塔ですので、今回のNuAns NEO [Reloaded]という端末もAndroidユーザー、並びに、格安スマホユーザーも充分視野に入れても良い端末だと思えます。

NuAns NEO [Reloaded]のオススメできるポイントや特徴など

まずはその外観です、どこのスマホにもない個性を持っています。

通常、スマホもiPhoneも、裸のままではちょっと…ということでカバーをつけたり、手帳型に代表されるようなケースをつけたりしますが、NuAns NEO [Reloaded]は端末そのものが着せ替え仕様となっている斬新さとオシャレさを持ち合わせています!

言い換えると、通販サイトなどで数千円のスマホケースを丹念に探し出す手間が省ける、とも。

Good Design Award2016でも特別賞を受賞しているようで、そのデザイン性はまさに折り紙付きといったところなのですね(^o^)

こんな感じの端末です、と言っても、正面から見るとあまりわかりませんね…裏面がとりあえずかなりオシャレです、ツートンになってます!

NuAns NEO [Reloaded]のスペック

本家を見るのが一番ですし、大手格安スマホ情報サイトでもまとめられていますのでだいぶ省きますが…

まず、Android7.1.1であるということですので、2017年現在では最新と言えます。

画面サイズは5.2インチと、昨今の主流なサイズかと思えます。

CPUにはスナップドラゴン625というものが採用されており、これもよく見るCPUです。

ミドルクラス、とカテゴライズされるスマホに多くみられる規格(?)なようで、ZenFone3やMotorolaのG5 Plusなどがスナドラ625となっております。

メモリはRAM3GBとのことですので、こちらも2016年~2017年に出回っているミドルクラスなスマホと同レベル。

カメラ機能はSONY製を採用しているようで、アウトカメが1300万画素、インカメ800万画素と、これもまたよく見かけるスペックですね…。

他に防水も防塵も備わっていたり、おサイフケータイ(SIMフリー端末では案外珍しい部類)も使えたり、指紋認証機能もあったりと、日常使いのスマホとしてのポジションもしっかり保てていますので、女性にもオススメできちゃいます(むしろ女性に教えられてこのNuAns NEO [Reloaded]という端末を知った僕がいます…)。

また、Wi-FiテザリングやUSBでのテザリングも可能ですので、ニュアンスネオをルーターとしてカフェでテザリングしてノートPCをいじってたらなお一層オシャレかもしれませんね笑

こんな人にNuAns NEO [Reloaded]はオススメ!

他人とかぶりたくない!という人にはまずオススメ出来ます、注目されやすい外観だろうと思えます。

ZenFone3やMotorolaのG5 Plusを検討している人にもオススメできちゃいます、(CPUやRAMなどの)スペック的にはほぼ同等と言えますので…。

NuAns NEO [Reloaded]を格安スマホとして使うにはどこのMVNOが良い!?

この記事の終盤になって来ましたが、NuAns NEO [Reloaded]はdocomo回線のMVNOもau回線のMVNOも両方どちらでも使えます。

最安値はmineoのAプランであろと思えますが、通常はdocomo回線系のMVNOで契約するユーザーさんが多いようです。

日本のほぼどこでも4G LTEは使えるとは思えますが、docomo回線系のSIMカードを利用している場合にはNuAns NEO [Reloaded]は3Gも受信可能となっておりますので、そこもメリットに感じる人がいるとかいないとか…

端末セット販売を行っているMVNOを探してみました

ちなみに通販サイトで一括購入をする場合、45,000円は超える現状が見受けられます(2017年10月下旬現在)。

IIJmio(あいあいじぇいみお)がお値下げセール中!

一括42,800円で販売開始されていましたが、9月11日より一括39,800円(税抜き)という価格にまで値下がり中!

分割24ヶ月払いの場合は1,700円(税抜き)となっています。

IIJmioの3GB音声通話付きSIMの場合は1,600円/月ですので、合わせて3,300円程度が最低月額料金となります。

また、11月6日までにIIJmioで契約をするとAmazonギフト券5,000円分がキャッシュバックとしていただけるキャンペーンも開催中ですて、考えようによっては34,800円でミドルクラスなスマホが買える、ということに…!

P10 liteあたりと同じ値段じゃん…ミドルクラスなのに!

というわけで、個人的には欲しくなってきます笑

もうちょい値下がりするのか、また、11月6日以降に他のキャッシュバックキャンペーンをしてくれるのか、IIJmioの今後に勝手に注目しつつ、覚えていればこの記事も修正したいと思います。

追記:

11月6日以降も5,000円分のAmazonギフト券プレゼントの対象となっています!

IIJmio

エキサイトモバイル

こちらもdocomo回線系MVNOです、NuAns NEO [Reloaded]の取り扱いがありますし、なにげに商品説明の仕方がうまくてすごく見やすく、NuAns NEO [Reloaded]の魅力がエキサイトモバイル内でかなり学べたという個人的な感想があります笑

一括購入の場合は46,220円(税抜き)ですが、エキサイトモバイルの場合は他社とは違い、分割支払い方法が事細かに選べます(一括、3回払い、6回払い、12回払い、24回払い)。

MVNOでの端末セット販売では主流な24回払いを選択すると、1,925円(税抜き)が1ヶ月あたりの端末代金、3GBの音声通話付きSIMの場合は他社と横並びで1,600円/月ですので、合算するとおよそ3,525円が最低月額料金となります。

IIJmioと比較すると、225円ほどお高い月額料金となります、が!

エキサイトモバイルでは10月2日から11月1日までの間に契約をすると音声通話付きSIMの新規契約の場合には10,000円のキャッシュバック現金であります。

追記:12月1日までの音声通話付きSIMでの端末セット契約の場合10,100円のキャッシュバックがあります!

この結果、ザックリ計算すると金額的には2年後には400円の差額(IIJmioのほうが400円お得)、ということになりますが、IIJmioのAmazonギフト券5,000円を取るか、エキサイトモバイルの現金10,000円を取るか、あなた次第!的な感じになってくると思います。

Amazon使わん、現金のほうがいいに決まってるだろ、的な人も多そうですしね…

エキサイトモバイル

こちらも、11月2日以降はどのようなキャンペーンをするのか…?という事が気になりますので、個人的に調査(っぽいこと)をしていこうかな~と思います!

とりあえずmoto G5s Plusがいい!とここ最近思っていましたが、ここへ来てニュアンスネオもかなり魅力的に見えて来ました…黄色が特にかわいい…。

スマモバ

3つ目にご紹介となるのがスマモバです。

実はスマモバは、データ使用量に関しては様々なニーズに応えていると言えます!

それは、1GBプランと5GBプランと、無制限プランの3つがあるということです。

「普段はWi-Fiで使うので、月間1GBでもなんとかなる」という人は案外多いと思われます(僕はそうです)。

また、通常のスマホとして5GBというデータ容量も納得のいく容量ですし、ガンガン使いたい人には無制限プランもオススメできます。

最近ではSNSや動画に関してはデータ使用量がカウントされないサービスも存在していますが、そういったプランに加入するには別途料金が当然かかります。

そこで、一括して無制限プランに加入し、動画もSNSもどんどん使いたい、という人にはオススメできるということになります。

動画とSNSの両方に特化したカウントフリーなオプションって今のところないですからね…

スマモバでは、NuAns NEO [Reloaded]を端末セット販売で契約したい場合には他社MVNOの24ヶ月払いとは違い、36ヶ月の分割払いになるようです。

また月々の端末購入サポート割引もあります(1GBプランにはありません)。

5GBプランの場合は500円/月の割引、データ無制限プランの場合には1,000円/月の端末割引が受けられます。

いずれのプランを選択しましても、1,500円×36ヶ月の支払い分が端末代金ということになります。

以下がスマモバのSIMカードの基本料金です。

無制限プラン 3,480円
5GBプラン 2,480円
1GBプラン 1,580円

無制限プランを選択した場合には3,480円+1,500円、ここから1,000円の割引がありますので、3,980円を3年間支払う事でNuAns NEO [Reloaded]を所有出来るということになります。

3年目以降もまだまだ使う!という場合には端末代金の支払いは終了しておりますので、3,480円/月が月々の最低料金となります。

5GBプランの場合は3,480円を3年間、以降は2,480円。

1GBプランの場合は3,080円を3年間、以降は1,580円。

SNSだけガンガン使う、ということでもなく、Youtubeだけガンガン使う、ということでもなく、あれもこれもガンガン使いたい人がスマモバのデータ容量無制限プランでNuAns NEO [Reloaded]を端末セット販売で契約する事が最大のメリットであるように個人的には思います。

というか、データ容量のカウントフリー的なオプションを展開しているBIGLOBE mobileやLINEモバイルにNuAns NEO [Reloaded]の端末セット販売が今のところない…(-_-;)

2017年10月下旬現在の確認ですので、今後追加されましたら追記もしたいと思います。

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です