ZenFone4 selfieとZenFone4 selfie Proのスペックの違いや買うべきオススメのMVNOなどをまとめてみました!

SIMフリースマホの代表格なASUS(エイスース)のZenFoneシリーズから発売されているZenFone4 selfie(セルフィー)という機種。

名前からして、自撮りに特化しているインスタ映え狙いの方などには大変嬉しいスマホなのですが、実はZenFone4 selfieには『selfie Pro』という、機種もありまして、この『Pro』がつくことによって一体なにがどう違うのか!?また、価格もどのように異なってくるのか、などという点をいくつかまとめてみようと思いますφ(..)

ZenFone4 selfieとZenFone4 selfie Proの違いやどちらを選ぶべきか!?などをまとめてみます

カメラ機能的にはどちらも『インカメなのにデュアルレンズである!』という事がまず共通点として挙げられます。

ZenFoneシリーズに関して言えばこの『selfie』と名の付く端末でのみ実現していることであって、ZenFone4 Proというハイスペック機種ですらデュアルレンズのインカメは非搭載です。

スマホはカメラだけが備わっている端末であるわけもなく、、使い心地は両者で変わってくる部分が多いと思えます。

共通項目は、OSは2018年1月現在としては最新と言える『Android 7.1.1』であること、5.5インチであるということ、RAM4GBのROM64GB、バッテリー容量は3000mAhであること、などなどです。

もうこの時点でヘビーユーザーではないというスマホユーザーさんには日常使いとしては充分なスペックと言えるかと思います。

それでは以下に、違いについていくつかピックアップしてみます。

価格の違い

大事なことなので、先に書いておきます笑

ZenFone4 selfieは2万円台後半(税込みだと3万円ちょっと)、ZenFone4 selfie Proは4万円台前半(税込みですと45,000円ちょっと)、という価格帯で発売されているMVNOサービスが多い印象です(2018年1月現在)。

15,000円ほどの端末代金の差がありますが、性能面においてはその15,000円分をカバーできるんじゃないか!?と個人的には思える箇所が多かったです。

スペック表で見る違い

  ZenFone4 selfie ZenFone4 selfie Pro
CPU Snapdragon430 Snapdragon625
画面 IPS液晶ディスプレイ 有機ELディスプレイ
解像度 1280×720(HD画質) 1920×1080(フルHD画質)
ジャイロセンサー なし あり

重要項目と思われるものを書き出してみました。

ZenFone4 selfieはスナドラ400番台ということで、数多く発売されている格安スマホのエントリークラス、ミドルクラスと同等のCPUと言えます。

ZenFone4 selfie Proは600番台、しかも615よりも早いという口コミも多い625ですので、ミドルクラスにして相当満足の行くCPUであろうと思えます。

画面については好みもありましょうが、有機ELディスプレイが好き!という人も多そうですので、ZenFone4 selfie Proが有機ELディスプレイである差別化も面白いものだと思えます(^o^)

解像度ですが、ZenFone4 selfieはHD画質にとどまっておりますが、ZenFone4 selfie ProになるとFHDです。

5.5インチというさほど大きくない画面ですが、やはりこだわってFHDじゃなきゃ!という人には嬉しいことですよね(個人的にはあまりわからない…笑)

最後に、ジャイロセンサーですが、ZenFone4 selfieには非搭載とのことで…

今時なぜジャイロを省くのだ!?とちょっと残念。。

ゲームをまったくしない人にとってはジャイロの存在は重要ではない場合も多そうですが、ゲームをする人にとってジャイロ非搭載は痛いです…。

ということで、個人的にはZenFone4 selfie Proをオススメしたい、というか自分が買うならZenFone4 selfie Proだよな…と思えます。

前述しましたが、15,000円ほどの差でより良いほうを買えるので、そこはせっかくの格安SIMで月々の料金を節約出来るので、ケチりたくないかな~と思えます。

ZenFone4 selfie Proの各社の販売価格の違いも調べました

とは言え、やはり1円、いや、100円でも安く買えるならそうしたい、という心情もございまして、MVNO各社で取り扱いがあるZenFone4 selfie Proの端末代金を調べてみました。

いっぱいありますので、すべてではありませんが、ちょいと一例をまた表に。。

※わかりやすく、すべて税込み表記にしました。

  一括購入の場合 分割払いの場合
IIJmio 42,984円 1,836円
エキサイトモバイル 45,144円 1,880円
mineo 46,008円 1,917円
【UQ mobile】 46,224 1,836円
LINEモバイル 47,304円 2,040円
BIGLOBEmobile   1,922円

まだあるんだろうけど、だいたいこんな感じにまとめてみました。

ニフモはProがなかったです(1月現在確認)。

IIJmioが一番お安いですし、2月6日まででしたら5,000円分のAmazonギフト券がもらえたりしますので、もっともオススメなのはIIJmioという結論に至りました。

公式ページ▶IIJmio

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です