ZenFone5Qをお得なキャッシュバック付きのMVNOで買う場合の実際の料金を比較!

ASUS(エイスース)から発売されている『ZenFone』ブランドの5代目『ZenFone5Q』(ゼンフォンファイブキュー)が日本国内においても販売がスタートします!

前記事ではZenFone5についての記事を書きましたが、こちらではZenFone5とは主にカメラ性能などで差を見せるZenFone5Qをお得に買うための情報をいくつかまとめてみますφ(..)

ZenFone5Qを買うべきMVNOは!?端末代金やキャッシュバック情報を随時更新!

ZenFone5Q、型番的には『ZC600KL』です。

ZenFone5同様に、せっかくならばキャッシュバックありのMVNOでの購入がお得になりますね。。

2018年6月13日現在ZenFone5Qの取り扱いがあるMVNOを以下にざざーっとまとめますと、

  • IIJmio
  • NifMo
  • DMMモバイル
  • LINEモバイル
  • イオンモバイル

などとなっています。

ZenFone5の取り扱いがあるのに、ZenFone5Qになるとラインナップから外れているMVNOが結構あるんだな!という個人的な印象…これから追加されるのでしょうか(具体的に言いますとOCNモバイルONEと楽天モバイルという大手やエキサイトモバイルでなぜか取り扱いがまだありません)。

BIGLOBEスマホも確認しましたが、取り扱いがない模様です。

追記:6月下旬になりましたが、やはりラインナップされておりません。。

ZenFone5QをMVNOのセット端末購入する場合の料金比較

キャッシュバックやキャッシュバックに相当するキャンペーンを実施しているMVNOも多く、ZenFone5Qも早速その対象端末となっています。

音声通話付きSIMの契約であることを想定してキャンペーン内容など含め書いてみます、データSIMのみでの契約の場合は以下の料金内容とは異なりますのでご注意ください。。

※価格は税込み価格を表記してみます。

※キャンペーン変更時には随時加筆修正をいたします。

MVNO各社 一括の場合 キャンペーン
IIJmio 40,824円
37,584円
3,000円分のAmazonギフト券プレゼント
NifMo 40,800円  
DMMモバイル 42,984円 新規契約手数料0円、3ヶ月800円/月を割引など
イオンモバイル 42,984円 3年間ずっと『3GBプランが1,380円/月』の学割など
LIBMO 40,824円  
LinksMate 42,984円  

ZenFone5と比較すると、ZenFone5Qは10,000円~15,000円ほど端末代金がお安くなっていると言えます。

🔗IIJmioでは、ZenFone5の場合はAmazonギフト券が10,000円分もらえることになっていますが、ZenFone5Qでは3,000円分と、結構大幅に減っちゃってたりもしますので、なかなかどちらにするか迷ってしまう方も多いかもしれませんね。。

※2019年追記:IIJmioのみが、端末代金をお値下げしています、今後にも期待!?

結論:IIJmioが最安値で買えるMVNOに決定!

5QはどこのMVNOでも買えるわけでもないちょっとだけレア感すら漂う端末かもしれません。

そんな中IIJmioでは真っ先にラインナップもしていますし、大幅にとは言い難いものの唯一端末代金を値下げもしていまして、Amazonギフト券のバックなども合わせますと、文句なしの最安値であることがわかります(^o^)

公式ページIIJmio

ZenFone 5Qのスペックについて

ZenFone 5系統のシリーズはたくさんありますが、機能面で大なり小なりを表すと、『ZenFone 5Z>ZenFone 5>ZenFone 5Q』となります。

が、ざっくり言ってどれも優秀です。

ミドルクラス程度のCPU性能を保っている点が素晴らしい

ZenFone5シリーズの中ではやや下のほうのスペックとなる5Qですが、CPUはスナドラ630ですので、ポケGOやFGOなどといった、ちょっとスペックの高めなものが理想であるゲームも難なく操作可能かと思われます。

メモリも4GBありますので、同時に複数のアプリを起動しても超絶もっさり、ということも基本的にはなかろうと思います。

どこのMVNOで買おうとも、4万円前後でZenFone 5Qが買えるのは羨ましいというか…

個人的には先日HTV32をSIMフリー化したばかりなのですが、なんかもうHuaweiとかASUSのSIMフリーの最新機種をさっさと使いたい気持ちが強いですわ…(´・_・`)

それくらい、なんだかここ数年でいわゆる中華スマホは進化していると思います。

画面が縦長でワイド感があり、写真を楽しむ事に特化している端末と言えそう

5Zや5よりも画面が若干縦長です(横幅などはさほど変わりなし)。

そして、インカメの性能(画素数)は5Qが優れているという内容になっており、つまり、セルフィー大好きな人、インスタなどのSNSでも綺麗な写真を残したい、あるいは閲覧したい、というニーズに答えている、と言えそうです(^o^)

やや劣る点もある

5や5Zとの価格差はCPU性能のみならず、その他機能面でもいくつかスペックが下回る箇所も存在しています。

たとえば、音質がモノラルであるということ(5と5Zはハイレゾ音質)、充電コネクタがUSB Type-Bであるということ(5と5ZとはUSB Type-C搭載)。

シェアやPocketなどヽ(^o^)丿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です